スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せめて誇り高く 

今更なネタなんですけど...
日本ではウォークマンの提灯ブログで、ヤラセがバレて「プロモですがヤラセではありません」と謎の捨て台詞を残してちゃっちゃとブログを閉鎖した事がありました。
もう一年前ですね。

あの炎上はかなりうっかりさんな内容なのでバレて当然でしたが...
Mac使いとか言ってるのに、「写真に写ってるキーボードにWindowsキー」「一々他社製品の文句を言ってソニー製品絶賛」「ていうか、ソニーのウォークマンが動かないから、Mac使いだけど後日VAIO買ったって、あんたどんだけ金持ちやねん」とかねw

でも、あの写真の撮影センスは中々でした。
プロの人が作ったんでしょうね。
広告として正々堂々とやれば良かったのに...


アメリカでは、架空の映画評論家を仕立て上げ、ひたすらソニーの映画だけを絶賛させた末に裁判沙汰になっています。

ユーザーのPCにrootkitとスパイウェアを仕込む音楽CDはとりあえず和解にこぎつけましたが、総額425万ドルの和解金です。他に、購入したユーザーへの補填費も必要です。(これは損害を受けたという証明書が必要なようですが...)
なぜ日本のマスコミが無視しているのか不思議でしょうがありませんな。
MediaMAXの感染は日本が多いというのに...

ヨーロッパでは、PSPの広告があまりにもうかつといいますか...
まぁ、アレはうっかりさんですね。
白人が黒人のあごつかんで威嚇してる広告だったので(欧州でのPSPホワイトカラー発売の宣伝でした。黒一色だった欧州市場での白発売だったので...)、いろんな所から抗議や警告がきて、看板全撤去というのがありました。

PSPでいえば、町の壁にPSPのゲームキャラの落書きを描いて宣伝したところ、大変不評だったという落ちもありますね。


で、とうとう、ソニーのこの目に余る手法に対し、米取引委員会が動きました。
まぁ、標的はソニー単体ではなく企業が一個人を騙って口コミ宣伝を行うことを禁止する法案ですね。
つまり、ゲートキーパー禁止法とでもいいましょうかw

で、何でかって言うと、ソニーがアメリカで行った宣伝がまたバレて炎上したのです。


詳しくはこちらにあります。
ソニーまたヤラセ:PSP絶賛の偽「ファンサイト」で炎上

個人サイトと言っておきながら、ドメイン検索して出てくるのは「口コミマーケティング」企業...
しかも、「これは広告ではありません」と言ったのは痛いですね...
いろいろとボロが多かった為に即効バレ、全米で顛末が報道されたようです。
恐らく、取引委員会が動いた直接の原因ではあるでしょう...
ニュースネタにされたくらいですし、明らかな不正宣伝です。
広告ではないと言い切ってましたので。


で、この騒ぎには後日談がありまして...

ソニー、ヤラセを自白 「これからは良い製品作りに専念」
を見て貰うとわかりますが...
消費者なめてますね...

ばれた。捕まった。やられた。皆さんの多くがすでにお気づきのように(喋りがちょっとファンキーフレッシュすぎたかも???)、ヒップホップ通のピーターは実在の人物ではなく、このサイトはソニーが制作したものでした。どうやら少々利口にやろうとしすぎたようです。これからはクールな製品を作ることに専念して、このサイトはPSPについて本当のことだけを伝えるために使うことにします。

ソニー コンピュータエンタテインメント アメリカ


この謝罪文は一体w

で、案の定さらに炎上したようで(進行形?)
リンク先のところから確認できますが、この謝罪文内の表現「"little too clever" psp sony」でググると、10000件以上HITしますw

即効削除する日本のソニーと違って、正直に認めて謝罪はしたソニー・オブ・アメリカはまだ救いようあるかなぁと思っていたら、
謝罪文が数日で削除され、「PSPについて本当のことだけを伝えるため」のサイトが消滅、なかった事にされています。



ソニー...



これが世界のソニーか...
スポンサーサイト

特にネタないし 

「スパイ的DRM」訴訟でSONY BMGが和解

和解か、上手くやったね。
該当CDの購入者も損害を受けた証明書を提示できなければ返金はなし。
ただ、ハイエナがたかってくる可能性があるから、そこは消費者側の妥協点なんだろうか。

まぁ、気でも狂って争って、敗訴したら国家予算レベルの罰金になるような事態だったので、ソニーは内心喜んでるかな?
「XCP」だけでなく、最終的には「MediaMax」も訴訟対象に追加されたので。
75万ドルのみだと、事実上ソニー勝訴みたいな感じでちょっとね...
「何で悪いのかわからない」とかほざいてたんだよ、あそこの幹部。


音楽CDにrootkitをしかけていた今件ですが、日本にも大量に輸入されてます。
ソニー自体(というよりソニーBMGジャパン)よりも、アマゾン.co.jpとかの方が迅速に動いてくれてましたが、このrootkitは普通に削除できませんので、ちゃんとした駆除ツールを使いましょう。
セキュリティ各社のウィルス駆除ツールも対応してたかと。

今これを知って、XCPなりMediaMaxなり仕込まれてるのが判明した人は、事態を理解できず報道もできなかった情けない日本のマスゴミを恨みましょうw
この裁判はあくまでアメリカでの話であって、日本は全て自力で復旧させましょう。
自身の勉強にもなるでしょうし、そこはまぁポジティブに...
クリーンインストールでなんとか...


最近始めたsecondlife内のマーケティングとか上手くやってると思うけど、上が馬鹿でアホな事を推し進めるとロクな事にならないい例でした。

今のソニーのストリンガー会長は元ソニーBMG関係で、今回裁判になった「XCP」を推し進めたという人間なので全く信用できませんのう...
そもそも、バッファオーバーフローを利用し、システムを乗っ取ってステルス活動できる脆弱性が修正されたら、世界にPCメーカーは数多くあれど、ソニーのVAIOだけネット接続不可になった事もあったから、どうも昔から消費者にだまって何かやってくれてる気がするんだよね~。

ソニーBMG和解案承認 

SONY BMGのrootkit CD訴訟、和解を最終承認

既に州政府からも訴えられてるテキサス州だけで完全敗訴すれば国家予算レベルの賠償金ヒャッホイなこの問題。
各地域の州政府による刑事訴訟はいまだ継続中ですが、民事裁判に関しては電子フロンティア財団主導で和解案承認にこぎつけた模様です。


今回、かなり消費者をバカにしてるので、個人的にはソニーはもう倒産するくらいでいいんじゃないか?という感じですがねw

XCPおよびMediamax搭載のコピーコントロールCD製造禁止(他の規格はまた別の話)及び、エンドユーザー用使用許諾書(EULA)の拘束的な条件を破棄という事から、民事的には実質ソニーの完全敗北ですね。

該当CD購入者はその楽曲のDLサービスという保障が受けられるわけですが、iTMS経由のDLも可能ですw

ソニーは結局自分でいろいろダメにしたわけで、愚かという他ないですねぇ。


カーネルを書き換えてまで消費者の私生活に潜り込もうとしておいて、この程度で済むというのが納得できませんが、妥当なのかもしれませんね。


あとは、刑事裁判がどう進むかですな~。

SONY BMGのDRM CD訴訟、和解を予備承認 

SONY BMGのDRM CD訴訟、和解を予備承認

SONY BMGの「rootkit」入りCDをめぐる集団訴訟において、ニューヨーク州の連邦裁判所判事は1月6日、和解案を予備承認した。電子フロンティア財団(EFF)が明らかにした。

予備承認通ったか~。
まぁ民事なので消費者の立場にたったものならいいかな?

和解案の下、SONY BMGはFirst4InternetのXCP技術およびSunnCommのMediaMax技術を組み込んだCDの製造を中止する。問題のCDを購入した顧客はDRMなしの同じ楽曲を受け取り、一部顧客はSONY BMGのほかの曲をiTunesなどのダウンロードサービスから受け取る。

ていうか、販売ももうiTunesでいいじゃんか。
何か、エンドユーザー用使用許諾書もいくつかの拘束的条件を破棄しなければならないそうで。いい感じかも。

このタイミングで、カナダにて集団訴訟が3ヒットコンボしてとどまる事を知りませんがw
オンタリオ州とブリティッシュコロンビア州にケベック州ですなw


ストリンガー会長の素顔を見た・米企業「ソニー」の色濃い基調講演

「我が社は、ソニーBMGの件で、消費者から手ひどい懲罰を受けました」

そりゃぁ、いくつかの州政府に刑事告訴されてるくらいですからねw
違法行為を大規模にやらかしたんだから当たり前です。
メディアがおとなしいのは日本くらいですからw

ついでにいうと、XCPはストリンガー主導で導入ですから!

そういや、コラム以外でストリンガーのこの発言に触れてる日本のマスコミいないね。なんで?

ほ~...なるほど~ 

元々ソニーとベルテルスマンの内輪もめは日本でも報道されてましたけど、こういう事になってるんですねぇ

ソニーの「沈黙」13――コンスピラシー・セオリーの温床

プロジャーナリストの手にかかると、ソニーのrootkit問題からこんな事まで見えてくるからw

てっきり、アル・ワリード王子はストリンガーがゴーンみたいにがんばってくれるの期待してるからかな~?とかも思ってたんですが(そういや、前の"乗っ取るつもりだったりして"ではアクセス解析見ても特にゲートキーパーの反応なかったので、実際に王子が乗っ取る事はないようですねぇ)、まぁ、株なんて売買が基本。

ただ、これって株価操作にあたらないかな?
アル・ワリード王子とストリンガー陣営に接点がある可能性というのもアレですがw


米国ソニーのつまずきは、国内の反ストリンガー派にとっては「影の喜び」になる。では、ストリンガー会長は何によって自らを支えるか。ガバナンスの源泉は資本――株価と株主である。アル・ワリード王子という「アラブの御紋」の印籠の効用もそこにある。が、それは外国人トップがソニーにとって「トロイの木馬」になることを意味する。水面下で権力闘争が始まるのではないか。

まぁ、もう勝手に潰れてくれw


ちなみに、少し前にネタにしたソニーrootkitの和解の話ですが、
蓋を開けたら単にソニーが和解案を提出しただけでした。

で、良く記事をみたら、集団訴訟の原告のコメントないじゃないですか?ソニーが自分の和解案に勝手に満足してるだけでしたw

全米から事件に利用された薬を、自社の存続を無視してまで消費者の安全の為に本当に全部回収してしまった製薬会社がアメリカには存在するので、今回は生半可な和解案じゃムリじゃないですかね?
ちなみにこの製薬会社、今じゃ消費者に愛される存在になっているそうで。





追記;
既にアーティストの反乱は起こっているようで...
Sony Artists offering home-burned CDs to replace spyware-infected discs
12月中旬の話なんだけどw
既にソニーBMG所属のアーティストが、XCPもしくはMediaMax搭載CDを買っちゃった消費者に対し、自分たちが個人的に焼いたCDの郵送を始めたそうです。
当然ソニーBMGはノーコメント。違法行為だけど、自分たちがやらかしたこともヤバイ事なので、おおっぴらに言えないんでしょうね。
何かレーベル脱退するぞとか言ってるアーティストもいるらしいですねw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。