スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPod課金見送りは解決したの? 

文化庁、iPodなどへの私的録音補償金の課金を見送り
-ユーザーや関係者も参加する新たな検討の場を


まぁ、課金反対が80件と賛成の17件を圧倒しているわけなので、そのあたり考慮してくれたんでしょう。

ただ気になるのは、ここまで一般意見募っておいて結論が出ていない事。
特に音楽なんかは実体のない物を売るわけですが、デジタルのおかげで技術的にコピーは容易です。実体のないものを売り、生活している人にとって脅威なのは理解できますが、どうしても団体はユーザーからどうやって金を搾り取るかしか考えてないような?

この記事から転載ですが、
 日本芸能実演家団体協議会の椎名和夫理事は「MDからデジタルオーディオプレーヤーへのシフトが現実に起こっているのに、手を打たずに補償金がゼロになってしまうのは困る」と、これまでの主張を重ねるとともに、「極端な意見ですが」と前置きしながらも「PCを介した録音やコピーができなくなれば問題はなくなる」とも述べた。

この人...何なんだw
何と表現していいか分かりません。
ただ、音楽関係団体の理事長はこんな人だという事はみなさん知っておいて下さい。

当然、
「sarah(私的録音補償金管理協会:私的録音補償金の分配業務を行う)の収入が落ちるのはとにかく、著作権者への配分が変わらなければいいのでは?
というツッコミが入るわけです。
曲を売るにもいろんな人が動きますから上のツッコミも極論ですけどね。


とりあえず、所謂「iPod課金」は見送られましたが、ここで気になる記事が...

本当はまだ終わったわけじゃない

どうやら、先送りされた事で上位の「文化審議会」で審議されるようですが、何とそこには消費者の代表が一人もいない?

一般意見は確かに多数貰っているので、あとはそれを加味しつつどうやってお金取ろうか考えるんでしょうね。

何せ、消費者の代表皆無の審議ですから

JASRACの方のとある委員のブログで、著作権団体がどういう組織かは垣間見れます。
こちらをどうぞ

みんなは、もっと著作権に対する意識を広めるべき。たとえば小学生がともだちからCD借りてお礼にお好み焼き奢ったとかしたら、それは著作権法違反になるって教えるべきという組織にお金を払いたいですか?ウチはごめんだ。

そもそも、徴収したお金だって実際作家本人にきちんと分配されてるわけじゃないし、CDの売れ行きが下がっているのに、JASACの徴収額は右肩上がりらしいです。
幼稚園にお遊戯で使った曲に対してある日突然10年遡って一気に請求するとかあるみたいにはさすがに呆れた。

「音楽の振興と普及」?
いいや、連中(JASRAC)のやっている事は金の亡者以外の何者でもないと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://supergripen.blog35.fc2.com/tb.php/10-e9a73435

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。