スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モータースポーツというもの 

家に帰ってから、海外だけどネットのニュース系サイトでポール・ダナの事故を見ました。

かなり壮絶な事故でした。


インディに興味を持ってからもう16年ですか...F1観戦はフジの放送と同じだけの長さなんですけどねw

今までNHKBSやらGAORAやらで見てましたから、それなりにいろいろなクラッシュを見てきました。

ジョビー・マルチェロ、スコット・ブレイトン、トニー・レナ...
F1でもセナやラッツェンバーガーが事故で死んだし...


接触で宙を舞い、コース脇のポールに激突してマシンが粉砕したジェフ・クロスノフや、芝生にコースアウトした衝撃でマシンが横転し、減速できないまま(1回転した後、そのまま宙を飛んでたので...)上部からコンクリートウォールに激突してやはり車が粉々になったグレッグ・ムーアとか、それはそれは凄惨な事故も見てきました。

ああ、ゴンザロ・ロドリゲスはスロットルのトラブルでラグナセカのコークスクリューを飛び出して、ウォールを飛び越えて斜面に落下しちゃったっけ...


生還したとはいえ、ザナルディはラウズィッツリンクでコクピットにTボーンクラッシュを受けて両足を失い、救出時には失血性ショックで心臓止まってましたし...
あの事故現場の写真、見たことある人いると思うんですけど、運転席からコースの斜面に流れ出ていたのは血なんですよね...



事故としてはこのザナルディのクラッシュを思い出させる凄惨なもの...
違うのは、コクピットではなくリヤへのTボーンクラッシュという事と、追突したマシンが宙を舞ったという事...

細い運転席ではなく、エンジンやサイドポンツーンがあるマシン胴体に激突してそれを引きちぎったのですから、どれほどの衝撃か...


確かにあれは避けれない。
どうみてもオーバルでああいう風に滑り落ちてこられたら避けようがありません。
ダナの速度を考えたら。

けれど、カーペンターがクラッシュし、フルコースコーションが出てからそれなりに時間は経っていたんですけど。

なぜレーシングスピードで走っていたのか...
チームはドライバーにちゃんと事故が起きたことを伝えたのか...
無線関係にトラブルが発生し、チームとドライバーで交信ができなかったのか...



ギリギリの争いだから、歯車が少しズレただけでこんな事になってしまうんですよね。



それでもレースは開催される。


それがモータースポーツ。
レース中に死亡事故が起きても続行されますし。


だけど、皆冷たいわけじゃないですよ。


ムーアが事故死したレース、優勝したモントーヤは泣いていました。
そんなものです。







ここにも動画がありますね。
http://www.youtube.com/watch?v=OKLXU3QmThw
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://supergripen.blog35.fc2.com/tb.php/143-50302fc1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。