スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニー包囲は本気? 

SONY BMGが「XCP」入りCDの交換サービス開始、日本でも「対応を検討中」

下の記事を書いている間にCDのリコールが始まったようですね。
日本国内でも通信販売や並行輸入などによる購入者がいることも考えられ、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルやBMG JAPANでは、「現在対応を検討しているところだ。詳細が決定次第、改めて発表する」としている。
21万の感染源が何なのか非常に気になるところです。
というかむしろ、CDリコール程度で片付く問題ではないので金銭的な負担だけでもソニーBMGだけで対応できるのかな?
何せ470万枚のリコールですよ。

内容が内容だけに、今起こされている裁判でも勝てないような気がしますし、まだまだ裁判沙汰になりそうなネタが次々と明らかになっています。
下の記事で書いたソースの盗用然りね。

翻訳ですが、日本でも報道されましたな。
SONY BMGのXCPにオープンソースソフト盗用の指摘

 「CDの複数のコンポーネントがLAMEのコードと関係している」とフィンランドのソフト開発者マティ・ニッキ氏は電子メールの中で述べている。

 ほかの人々も、XCPのコードを分析した結果、同じような証拠を発見した。


 「少なくとも、XCPソフトの5つの機能がLAMEのコードの機能と同じであることを確認できる」と独セキュリティ企業Saber Securityでソフト分析を専門とするトーマス・デュリエン氏は指摘する。

 「これがオープンソースのもう1つの面だ。オープンソースのルールを尊重しなければ、旧体制の著作権保護が総力を挙げて襲ってくる」とオランダの法律事務所SOLVの弁護士でインターネットの専門家でもあるクリスティアン・アルベディンク・ティム氏は語る。


コピーレフトのルールを尊重しない音楽企業もありますな~。
まぁ、なんですか?ソニーも「大概の人はrootkitと言われても分からないだろうから問題ない」と神発言をしていましたが、そんなヤツばっかりなんでしょうか?

少なくともエイベックスとソニーBMGに所属しているアーティストは身の振り方考えたほうが良くないかな?

特にソニーはPS2の時の「初期不良は無いが個体差はある」とかPSPの時の「設計どおりで問題ない。使い方が悪い」発言もあり、上層部の頭の程がかなり知れてるトコロでありますw


といいますか...
もう1つのSONY BMG「無許可」DRMはMacにも対応
ソニーのスパイウェアはまだ他にもあった!
Mac用もあるんじゃん!
もうドロドロですw


ソニーBMGだけの問題でいいの、これ?
本当にソニーに責任はないのか?


マイクロソフトとインテルはHD DVD側についてるし、HPも最近挙動不審でソニーのこれ。
シリコンバレーが対ソニーで団結しているわけだけど、AVとPCが融合しようとしているこの時期にブランド力下げまくって...BDはもうダメかも知れないねぇ...

コンテンツ側は売れそうな陣営につけばいいし。
HPがBD陣営のはずなのに挙動不審なのも「消費者に制限を加える著作権保護は支持できない」からだからね。


どうなる事やら。


きっとこれからどんどん裁判起こされるよ~...

CDリコールで解決?
いえいえ、ソニーによるスパイウェアは蔓延しているのです。
少なくとも、消費者にrootkitをインストールさせたのなら、復旧までの責任を果たして初めて信頼回復ではないですか?
既に悪用例が出ているわけですから。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://supergripen.blog35.fc2.com/tb.php/18-47871009

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。