スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ雑記(一応FF?) 

週に2回大阪勤務なわけでして、通勤は余裕で1時間半...
iPodに入れてる曲もちょっと入れ替えたいなという事で久しぶりに映画タイムマシンのサントラを。

この中で一番好きなのはストーンランゲッジという歌ですが、実はこの歌造語です。

映画自体、原住民の皆さんは「イーロイ語」という人工言語で会話してらっしゃるわけですが、しっかりイーロイ語の歌もあるわけですね。ちなみに歌っているのはクラウス・バデルトという作曲家には欠かせないケティ・ステファン。
クラウス・バデルトといえばパイレーツ・オブ・カリビアンですなw

てこの歌、サントラに歌詞カードついてないから何言ってるかわかりませんがw
(歌詞が分かったところで、パンツァードラグーンの「anu orta veniya」のように日本語訳とは別に本当の意味が隠されてたらどうしようもないですけど)

そのイーロイ語の歌詞は海外サイトですがこちらで解説

で、リンク先のアドレスを見ておや?っと思った方w

そう、このタイムマシンという映画の為に創作されたイーロイ語はLangmakerというフリーソフトを使用して作られたのです。

残念ながら日本語環境では動作が酷く不安定なのですが...

非常に優秀なソフトで、言語学に理解が深ければ実用に耐えうる人工言語も創作できるそうです。
凄いね、普通に。



さて、ここで「人工言語?キモいよ~(ノДT)」と思った貴方、甘い!
以外に人工言語は身近にあります。(少なくともゲーマーにとって)


ファンタジー系のものでよく見かける「ミスリル」ですが、これはエルフ語です。
そう、トールキンの「指環物語(ロード・オブ・ザ・リング)」でエルフが使ってるあの言語ですな。
...エルフ語にはクウェンヤとシンダールの二つがありますが、クウェンヤは古語で、指環物語のエルフ達が使っているのはシンダール語になります。
で、ミスリルはこのシンダール語

アルファベットではMithrilですが、mithは「灰色」rilは「燦然たる輝き」という意味です。(ようは銀)
ちなみ、エルフ文字はアルファベットじゃないです。
上のスペルは変換してるだけw

ファンタジーには欠かせないミスリルという金属ですが、指環物語の存在は大きいわけですね。


といいますか、FFやってるそこのあなたも、知らないうちにシンダールの単語を使ってるわけですよw


やっとFFの話ですねw

昨日は空LSの活動日。ご飯食べてログインしたらみっきーから明日のたこ焼きPTの話が...

結局いつものように大遅刻。
本当すみません。


いろいろあって圧倒的に黒がいないLSなので、昨日はメルトダウン祭りでした。
たまにはいい。

即死ってさ、一瞬だから別にへこまないよね。

むしろ清々しい。


ようは、ウチも黒上げた方がいいかなという話でした。

前置きが全然関係ない話な上にやたら長かったわけですがw
スポンサーサイト

コメント

ミスリル勉強になりましたw

俺も麒麟のデットリー喰らって即死したことがw気功弾テラツヨス(´Д⊂

即死って生き残るチャンスないですからねw
喰らったら終わりなので、当たってしまったら、「ああ、しょうがないな」という感じしません?w

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://supergripen.blog35.fc2.com/tb.php/182-58b7c63c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。