スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクーデリア 

W杯での誤審が騒がれていますが、少々気になる事が...

確かに選手が倒されたのだから警告の対象なわけですが、日本のメディアはそもそも先制ゴール自体ペナルティの対象という事を黙ってますね。

都合いい情報しか出すなよな~w

オーストラリアのアレが誤審なら、日本のアレも誤審でしょ?
そこで正確に判断してもらってたら点を入れられてなかったとか言ってるけど、日本も点入ってませんぜ。


で、ですな

日本のメディアでどうも気になるのがF1なんですよ。
井出のライセンス取り消しだって当然の事だし、スーパーアグリが遅いのも事実。

モナコGPの時、予選で後ろになったからフェラーリ相手にバトル云々とか言ってましたが、本当に現実を見ようよと突っ込みたい発言しか出ません。
しかもミッドランドに対して執拗なまでのライバル視も気になります。


今のあのチームに必要なのはライバルですか?
あのマシンがミッドランドとバトルできるペースラップを保持してますか?

今年参戦したばかりでマシンも戦えるレベルでないです。
とにかく走ってデータをとって、ノウハウを蓄積してチームの総合力を上げていくのが急務です。

メディアはチームの邪魔しかしてないんじゃないかという印象を受けますねぇ。

モータースポーツの基本は「より速く」です。
これを繰り返していけばチームの戦闘力は上がります。
それが他のチームを上回れば優勝もできるでしょう。

基本も出来上がってないのに何バカな事言ってるんだという感じですね。
20年も何放送してたんでしょうか。
普通それくらい経てばもっと考えた発言ができるようになると思うんですけどねぇ。



あと、顎王にも、それを取り巻くメディアにも苦言を言いたいな~。


チャンピオン取れないから引退?


アホか。


ミケーレ・アルボレートがかっこ良かったのは、フェラーリのシートを失って、チャンピオン争いに絡めなくなって、下位チームでしか走れなくなっても、自分がF1好きだから走り続けたから。
ポイントだって獲得できないようなチームにしか入れなくなって、落ちぶれた元エースドライバーの末路みたいにメディアにボロクソ言われてたけれど、彼は良いドライバー。

勝てなくてもな、ポイントだってとれなくてもな、レーサーとして優れていれば愛されるもの。

だからこそ、ラウジッツリンクの事故の時、世界中のモータースポーツファンが悲しんだし、チームメイトはル・マンであんなに必死になって走ってたわけで。


他のチームより「より速く」走ればおまけで勝利がついてくる。
そのおまけを手に入れるのは至難だけど、もっと大事なものがあるんじゃないか?


ヒルに体当たりしてチャンピオンもぎ取ったり、フェラーリに行ってからも同じ手をビルヌーヴに使って、その年のポイント全て剥奪されてる元チャンピオンに言っても無駄かもしれないけどね。

ワールドチャンピオンとしてどうかな?
わざとぶつけてシーズンの成績剥奪されてるっていうのは?


ただ、顎が「勝たなきゃいけなくなった」のは、メディアのせいだと思うけどね~。



F1の黎明期からチームってマクラーレンとスクーデリア・フェラーリですやん?
そんな伝統のチームの今の現状をみるとねぇ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://supergripen.blog35.fc2.com/tb.php/198-35940e36

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。