スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惑星とは 

今日は1989年、ボイジャー2号が海王星に4800kmまで接近した日だそうです。

さて、ここ数日は教科書出してるところが大変ですねぇ。

冥王星を「プルート族」の一つとして惑星に残す対抗案と共に、今晩決戦投票だそうです。

惑星除外の最終案で決まりと思いきや、2転3転してますねぇ。


惑星とはいっても、そもそも軌道が特殊で海王星までの惑星とは明らかに違う為、幼心に「変わりモノ」とは思いながらも「惑星」と信じて早2x年。

大体、公転周期247.8年はいいとして、あの楕円軌道だから...
除外されるのは仕方ないかも。

あの軌道で思い浮かべるのは彗星...
カイパーベルトから飛んで来て、太陽の近くでUターンして戻っていってるように見えませんか?w

質量についてはセドナ(?)より軽いみたいだし...


惑星か?惑星か?と言われ続けて結局小惑星...
まぁ公転周期10700年だしね...

何気に応援されてたんだねw
第十惑星セドナたん

セドナも冥王星も衛星をもってますが、それが惑星である事の決定的な理由にはならず...


惑星とは何なのか。

大気を持っている?いやいや大気をもっている衛星はあるし、水星は強烈な太陽風で大気が吹き飛ばされてますw

質量が必要?水星だって小さいし...
球体を保てるだけの重力を発生させる質量も条件の一つとされてますが、じゃあ見た目だけなら冥王星もセドナもクリアしているし。

成分?確かに冥王星は氷の惑星と考えられているし、彗星に近いのかも。

軌道も重要かな。
明らかにほかの「惑星」と異なるあの軌道が個人的には引っかかります。

今冥王星に向かっているNASAの探査機はエッジワース=カイパー・ベルトの探査もするそうなので、いろいろ発見があるでしょう。
あと9年かかる訳ですがw

オールトの雲と海王星の間には、冥王星のような「矮惑星」が無数にあるのかもしれませんね。


あと、「冥王星格下げ」とか「降格」とか言われてるけど、惑星ってエライんか?



さて、昨日はFFで黒の保険稼ぎ

火山でプリン狩の予定でしたが、ライバルPTと同着。
何が大変て、1PTでも枯れるのに、お互い「こっちが先来たんじゃ」モード発動w

両方黒PTなので、12人総出で釣りしてましたな。

スタン釣りって初めてした...



とはいっても、詩人と赤さんそろえたライバルPTにかなう筈もなく。
というより、経験値を稼ぎに来てるしという事で、獲物変更で離れ小島の王子様を狩っていました。間にモスラも入れて最大8チェーン。
モスラがリンクしようが何しようがまぁ狩れるのはまだまだ黒もいけるって事でしょうか。


行くまでに紆余曲折があったものの、20000弱稼いで終了。

カンストまではまだまだですが、順調に育っていますぜ。

先に古代II系かな~...それともスキル系かな...どうしようか。
スポンサーサイト

コメント

冥王星格下げ

はじめまして。みっくすです。
昼休みに立ち寄ったら白猫廃業記にも立ち寄っていただいたようでありがとうございます。

私は大学で天文学をやっていたのですが
ずいぶん詳しいですねw
結局格下げなようですが
そもそも大きさといい、
軌道といい、
場所といい
疑問点は多々ありましたからね。
惑星という定義をはっきりさせたって
いうだけでも
今回よかったのかなと思います。

それにしても私はアトルガンM
まだあまり進めていません。
見る限り楽しそうですね。
今度私も新ミッション進めてみます。

あひゃ?コメントどうもですw

雑談メインと化してますが...

ウチも大学では少し天文学はかじりました。
法学部なんですけど何故か(´-ω-)

冥王星のあの軌道典型的ですよね...

探査の結果次第では「矮惑星」でもなく、巨大な「彗星」にならないかしら。質量ホント軽いらしいですし。
月まで9時間でいけるけど、冥王星までは9年...やっぱり遠いですねぇ。
近くに同じような質量の天体たくさんあるみたいですし、カイパーベルトの端っこにある感じでしょうか。
判断としては妥当かな~と思います。


ちなみに、自分は探査機といえばボイジャー世代です。
木星の輪とか、学校で「ニュース見た!?」とか盛り上がってましたw

ボイジャーでは、何年か前に、NASAがだめもとで送った信号をちゃんとキャッチして、振り返って太陽系全体の写真を撮って送ってきれたというエピソードが忘れられません。

凄い長い時間をかけるプロジェクトだから、そのプロジェクトが終わっても担当者は忘れられないんだろうな~と。
NASAが...というより、個人がちょっと試しに送っただけの信号をキャッチしたという話だったような気がします。
仕事しろって感じですがw

あの写真、プロジェクト終わってからどれくらい経ってかな...
NASAのページって良く変わるから、もうその写真どこにいったかわかりませんけど...
良い写真でした。
機会があれば見てみるのもいいかもです。

と思ったら...

NASAのページでボイジャーのサイト見つけると継続して活躍中の模様...
プロジェクトは続いてるのか。

もうあんなところまで飛んでるんですねぇ。

もうすぐ太陽の影響を受けないエリアに入るそうです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://supergripen.blog35.fc2.com/tb.php/230-a414b708

楕円軌道楕円軌道(だえんきどう) (elliptical orbit) は、楕円形の軌道 (力学)|軌道。楕円は2定点 F
  • [2007/07/27 13:13]
  • URL |
  • 天文・宇宙を知る |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。