スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレーオフ 

連休中は実家に帰っていたので、FFしてません(^ω^)

で、実家で何してたかっていうと、NETの設定した他はテレビ見てました!
前のプロパイダで無線搭載のモデム使ってたからって今回も同じとは限らないぞ...
何度も電話できいたのに...頼むよw


自分は久しぶりにNASCAR見れてホクホク(^^)

ウィンストン撤退後、ネクステルカップになって3年前に導入されたのが「Chase for the Nextel CUP」

年間36戦で争われるチャンピオンシップですが、チャンピオンになる事ができるのは26戦終了時点でのランキング上位10人のみ。
ポイントが一旦リセットされ、10戦だけのチャンピオンシップとして戦います。
実家で見れたのは、プレーオフ進出をかけた重要な第26戦でした。

ランキング11位だったケーシー・ケインの序盤の速さが目立ったレースでしたのう。
結果から言えば、ディフェンディングチャンピオンが、この第26戦でケインに逆転されてチェイス脱落です。

今年は、昨年のチャンピオン、ランキング2位と3位のドライバーのいないチェイスになりました。
去年の上位3人は、残りのレース全てで優勝してもチャンピオンに輝く事はできません。
最高峰だけあってタフなシリーズですね、相変わらず。

今年はアーンハートJr.がチェイス進出を決めたので、大多数のアメリカ人は一安心でしょう。

それよりも、マーク・マーティン...
年齢的には枯れてるはずなんだけど、ここ一番のあの速さはどこからくるのかw

「Chase for the Nextel CUP」にてチャンピオンを争うのは10人だけですが、出走は従来どおり43台です。
33台はがんばって上位引っ掻き回してくれないとねw


26戦はリッチモンドでした。
0.75マイルのショートオーバルなので、スーパースピードウェイのような「ビッグワン」は起こらないけど、それそれは熱いレースが繰り広げられました。
スカパー...契約するべきか...
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://supergripen.blog35.fc2.com/tb.php/240-b6d35b90

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。