スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザカリテは何処に... 

さて、スクエニから出たプロジェクトシルフィードですが...
まぁなんか別のゲームになってますね。

最初は宇宙の帝王だったザカリテさんも、メガCD版になってテロリストに格下げされ、今回は消えてますよ(^ω^)

...ザカリテ様(´;ω;`)


そんな事より、自機がシルフィードでなくなってるのがショックです。
SA-77かっこよかったな...
デルタセイバーってなんだよ...
別にかっこ悪くはないし、従来のシリーズ継承したようなフォルムちゃんとしてるけどさ、名前がねw

で、ゲームの内容ですけど...

スピーディーなので、パッドロックの採用は正解ですね。
3D空間を飛び回って戦うのはいい感じです。
ただ、目新しさはなく、言ってみればセガサターンの「ステラアサルトSS」といった感じ。
向こうの方は複座型戦闘機もあって、二人で一機の戦闘機を操作できたので面白いわけですがね。
キャッチコピーも「スターウォーズ世代に捧ぐ」ってw
まぁ、ステラアサルト自体、確かメガドライブの移植だったような...

シューティング部分はシルフィードもしっかり作られてるかな?
いろいろ突っ込みたいトコロはあるけれど、「シューティングゲーム」である事を優先したのだと思いますし。
的確に嘘を混ぜればリアリティのあるものとして楽しめます。
古くはTOCA、最近で言えば首都高バトルとかかな。
あとはエアロダンシングもそうか。

シルフィードは、アフターバーナー炊いた時の流れる景色とか、独創的というか幻想的というか。
リアルではないんだけど、自分的には好印象でした。



ただね...音楽はメガCD版の方がいいねぇ。
耳に残るというか...360版のBGMは、担当した人には申し訳ないけど印象が薄すぎるし、心に残らない。
音楽も大事と思ってる自分にはハズレでした。



あと致命的なのがストーリー。
何を考えてあんな事してしまったんだろうなぁと思う。
PS2版やってないのでメガCD版になるけれど、あの漢臭さというか...
戦争って感じしないよね。

逆に今時のアニメやねって感じで、何がドラマチックなのか理解不能でした。

別に今時のアニメがダメとは言わないけど(自分に合わないのは事実だけどね)、シルフィードにソレを持って来るべきではなかったんじゃないかな。

泥臭さが全くなくて、しかもシューティングだから挟み込めるイベントも限られてるし...
何ともチープなお話の展開というか...
何この勧善懲悪は?戦争が題材違うの?って感じで...


ステラアサルトみたいに、ワープアウトしてくる敵機や敵艦、援護の味方機が画面内に捕らえやすかったらまだゲーム内イベントとして盛り上がったんだろうけど。
そこら辺プリレンダのムービーばんばん流してたからねぇ。
描画能力上がってるんだから、リアルタイムイベントも活用しないと。
演出がサターンのゲーム未満ですよ?



何かPSのノリで作られたゲームって感じがして残念。


つまり、スクエニは今回もストーリーでポカやりおったわけですわ。



プラトーンとかブラックホークダウンに何か女兵士がいて、主人公とラブストーリー展開したら正直ヒくでしょ?
スクエニはそれをやりやがった...と...
しかも、何か死ぬ必然性が良く分からないライバル付きで...
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://supergripen.blog35.fc2.com/tb.php/247-8389dad7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。