スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパ・ウェザー 

F1でも有名なスパ・フランコルシャン・サーキットが誕生したのは1920年の事。

名前の由来は、スパ村とフランコルシャン村にまたがるコースだから。
マルメディー、スタブロー、フランコルシャンの公道をつないで出来たこのサーキットは、公道混在のサーキットなのです。
ル・マンのサルテ・サーキットと同じですね。


第2次世界大戦の激戦区だったアルデンヌの森の中にこの"ドライバーズ・サーキット"はあります。
アクセル全開率75%を誇りますが、実際のレイアウトは低中高速コーナーとストレートが入り乱れるテクニカルコースです。
(それだけストレートが長いのと高速コーナーの全開率が高いという事です)
二つの村にまたがるだけあり、コースはアップダウンの激しい山間部を走ります。
ソレゆえ、どこかで雨が降っていても、どこかは晴れているかもしれない。
実際に、この全く予測不可能な天候が混乱を生み、劇的なレース展開を生んできました。
つか、恩恵受けてるのは顎王だけちゃうか?

まぁ、このサーキット独特の超気まぐれ天気なので、スパ・ウェザーと呼ばれます。



ちなみに、旧レイアウトといえば本当に高速サーキットでした。
映画「GRAND PRIX」に出てきますし、傑作F1シム「GRAND PRIX Legend」にも収録されてます。
現在は有志の手によって、NASCARレーシングシリーズ、GTRやGTL、GTR2にコースが移植されてますので、興味のある方はやってみては。
とりあえず、カウンター無しの4輪ドリフトが出来ないと話にならないコースでしたな...



倉庫キャラEauRougeも、このサーキットの名物セクションからとりました。
スタート直後に待ち構えるヘアピン"ラ・ソース"を抜け、長いダウンヒルの後にそびえるあの300km/hで駆け上る左右にうねった上り坂。
ドライバーからは壁のように見えるそうで、「絶壁」とも言われます。
ここの立ち上がりが、直後に続くケメル・ストレートの速度の伸びに繋がるため、如何に高速で駆け抜けるかが重要なのですな。

オー・ルージュ以外にも高速コーナーがあって、ブランシモンというコーナーは、ヨーロッパに存在するサーキットの中で最も通過速度が高いコーナーとして有名です。
2001年のF1の、ブルティとアーバインのクラッシュからも、ここがどれだけアホな速度で走るコーナーか歴然ですな...
(サンドトラップを高速で駆け抜け、二重のタイヤバリアを貫通してガードレールに激突...当然レースは赤旗)



なお、三大耐久レースといえば、ル・マン24時間、ニュルブルクリンク24時間、デイトナ24時間ですが、スパ・フランコルシャン24時間耐久レースも歴史は古く、第1回は1924年くらいだったと思います。
テストに出すぞ(゜Д゜)



そんな話はおいといて、昨日は空活動の日。
月末という事もあって参加人数は少なめ。

なので、ひたすらトリガーです。
スチクリは何とかわいて撃破。
何故かスチクリやると必ず誰か死ぬこのLSですが、昨日は何と死者なしで撃破!

他のトリガーは暫く沸かなかったり、情報なかったりで不明だった為、水を替えつつ水取りw



...水を落としません。
トレハン2二人もいるのに、全く持って落としません。
空は干ばつの危機かもしれません。



嫌がらせか、おぃ...





そしてウリくんPOP情報...




まぁ、そんな事もあるさ!
来週来週。






さて、昨日はGTR21勝も上げれず(⊃Д⊂)

ドニントンパークではタイヤ選択ミス...なのか、オートパイロットでもAI車についていけずに、8位でギリギリ入賞...
ホント謎なくらいに遅かったな~。


凹んだのはスパ・フランコルシャン。
レース前の天気予報で大雨だったので、ハードウェットのタイヤ(ピットけちってるのでw)履いてスタートラインに。



あら、オー・ルージュの向こうに見えるあなたは太陽さんではありませんか?







めっさ晴れとるやんけ!


周回数少なくしてるから、余計なピットインは命取り...
泣く泣く走り続けたわけですが、皆がピットに入ったおかげで何とか2位に。
このまま表彰台!




とはいきませんな...上で紹介したブランシモンですが、こっちは何故かレインタイヤで走る羽目になってるので、スリック履いた他の車よりも劇的に遅いわけで...

コルベットに後ろから小突かれてスピン、コースアウト...それでも5位には入れたからいいかぁ...





挽回するべぇと望んだアンデルストープ(かつてはF1のスウェーデンGPも行われてました。タイレルP34やブラバムBT46Bが優勝したサーキットでもあります)では、トップ独走中に派手にエンジンブロー。

ここでノーポイントはキツイです(⊃Д⊂)
気がつけば、2位にフェラーリがわずか1ポイント差で!

ちょ~やばす!

最高速あっちの方が出るっちゅうの!
スポンサーサイト

コメント

スパは顎さんのF1デビューの地ではなかったっけ?
一戦だけジョーダンの緑色のマシンに乗ってたような…

で、直後にベネトンからオファーがあって、契約残ってるのに勝手に移籍。
エディ・ジョーダンは「エェ!mjsk!?(゜Д゜)」
で裁判になったはず。
契約破棄すればいいのに、残ったままベネトンに行ったから、ジョーダンからすれば顎は別チームで走るのにマシンもお金も用意しなくちゃいけなくなったw
ちょっと待ってクダサイヨなお話でしたw

確かこのサーキット、アンドレア・デ・チェザリスもジョーダンで表彰台圏内必死に走ったり(確か単独2位)、中島悟が前を走る車を次々と抜き去って何故か単独3位を走ったりと、結果だけじゃなくてレース全体を見ると盛り上がりますな

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://supergripen.blog35.fc2.com/tb.php/263-429067e3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。