スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特にネタないし 

「スパイ的DRM」訴訟でSONY BMGが和解

和解か、上手くやったね。
該当CDの購入者も損害を受けた証明書を提示できなければ返金はなし。
ただ、ハイエナがたかってくる可能性があるから、そこは消費者側の妥協点なんだろうか。

まぁ、気でも狂って争って、敗訴したら国家予算レベルの罰金になるような事態だったので、ソニーは内心喜んでるかな?
「XCP」だけでなく、最終的には「MediaMax」も訴訟対象に追加されたので。
75万ドルのみだと、事実上ソニー勝訴みたいな感じでちょっとね...
「何で悪いのかわからない」とかほざいてたんだよ、あそこの幹部。


音楽CDにrootkitをしかけていた今件ですが、日本にも大量に輸入されてます。
ソニー自体(というよりソニーBMGジャパン)よりも、アマゾン.co.jpとかの方が迅速に動いてくれてましたが、このrootkitは普通に削除できませんので、ちゃんとした駆除ツールを使いましょう。
セキュリティ各社のウィルス駆除ツールも対応してたかと。

今これを知って、XCPなりMediaMaxなり仕込まれてるのが判明した人は、事態を理解できず報道もできなかった情けない日本のマスゴミを恨みましょうw
この裁判はあくまでアメリカでの話であって、日本は全て自力で復旧させましょう。
自身の勉強にもなるでしょうし、そこはまぁポジティブに...
クリーンインストールでなんとか...


最近始めたsecondlife内のマーケティングとか上手くやってると思うけど、上が馬鹿でアホな事を推し進めるとロクな事にならないい例でした。

今のソニーのストリンガー会長は元ソニーBMG関係で、今回裁判になった「XCP」を推し進めたという人間なので全く信用できませんのう...
そもそも、バッファオーバーフローを利用し、システムを乗っ取ってステルス活動できる脆弱性が修正されたら、世界にPCメーカーは数多くあれど、ソニーのVAIOだけネット接続不可になった事もあったから、どうも昔から消費者にだまって何かやってくれてる気がするんだよね~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://supergripen.blog35.fc2.com/tb.php/273-b09208e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。