スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※但しソースはソニー 

記事にしようと思ってたけど、遅くなりましたが、表題の件。

ウチが気になりだした一昨年からどうもマイナスイメージ炸裂中のソニーがまたやりました。
というか、先月「若者にバカ売れPSP捏造宣伝」で叩かれているにも関わらず...です。


さて、エミー賞というのがありますね。
アメリカのテレビ関係で最高栄誉ですよ。
これに並ぶのはアカデミー賞やグラミー賞ですね。

で、ソニーさん曰くですね。
PS3のコントローラが「Technology and Engineering」部門でエミー賞貰ったって言うんですよ。エミー賞。
プレスリリースも発表してね、SCEA(ソニー・コンピュータ・エンタテインメント・オブ・アメリカね)CEOのジャック・トレットンさんがコメントも発表したんです。

引用させて頂くとですね。
「消費者からの圧倒的な需要と批評家からの称賛は、PS3プラットフォームの力、そして真の次世代エンタテインメント・システムを求める業界の声を証明するものだ


でもね、実際の受賞者リストにはPS3のコントローラ「SIXAXIS」がないんですよ。
アレ?ソニーがプレスリリースで発表してたのに何で?って米テレビ芸術科学アカデミーに問い合わせが行ったわけですが。
アカデミー曰く「ソニーの発表が誤り。そもそもSIXAXISは何も受賞していない」という事でした。
ソニー曰く、PS3のコントローラがモーションセンサその他で受賞とか言ってましたけど、これがもうやばいくらいに事実と異なってますね...



実際には、PS2のデュアルショックが、任天堂の十字キーと並んで、ゲームコントローラの発展に貢献したとして「周辺機器・コントローラへの技術的インパクト」で任天堂と一緒に表彰されたのでした。


PS3何にも関係ないじゃん!


何がかっこ悪いって、ソニーが公式のプレスリリースでこれやらかしちゃった事。
出荷100万台達成おめでとう(但し在庫超過)なわけですが、さらに風当たりきつくなりそうな予感。


公式プレスリリースが嘘だったソニーですけど、じゃぁ消費者はソニーの何を信じたらいいの?という事ですけど、これに関して流行語ができました。
「※但しソースはソニー」
ソニーの公式発表を元に報道してるけど、ソースがソースだから完全に信用しないでね、という事でしょうか。

誤りが発覚してもしばらくCEOのコメント付のプレスリリースが残っていたのがなんとも哀愁を誘います。

ただし、ニュースサイトでは今回のソニーの件を教訓にする為か、リリースが残っています。
こちら


そして、米テレビ芸術科学アカデミーの今回の件に関するコメントは以下にて読めます。リンク先はアカデミーに事実を問い合わせたサイトです。
SIXAXIS innovation Emmy - a joke? (UPDATE: Sony was wrong)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://supergripen.blog35.fc2.com/tb.php/283-719a7d7b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。