スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次はオレゴン州(ソニーrootkit) 

マサチューセッツ州政府が訴訟準備という噂を聞いていたのですが、どうなんでしょうね。

さてさて、今はオレゴン州司法省がソニーのCDについて調査開始したそうです。提訴に踏み切った場合、テキサス州政府と同じでやっぱり刑事告訴なのかな?テキサスだけで最低35兆円、最大288兆円ですが、これに民事の損害賠償も入ってくるわけで...

テキサスの件だけでもソニーBMG耐え切れないと思うんですが、ソニーはどう動くんでしょうか?

しかも、イタリア政府も刑事告訴の準備に入った模様。
アメリカ以外でも裁判の連鎖が始まるのかな。

日本は静かですよね。
マスコミが報道しないから、そりゃ知ってる人も少ないでしょうし。

ソニーはサイバーテロの道具になりうるものを世界中にばら撒いたわけですが、日本は緊張感ないのかな?

事の大きさに気付いて慌ててるから動けないの?
それとも合弁会社が勝手にやらかした事で関係ないから呑気に構えてるのかな?
政府機関に刑事告訴されてるって分かってる?>ソニー


ソースは下記です。
Sony BMG's sour note


そういや、丁度お昼休みの時間帯、テクノラティ経由で数十件と一杯見に来てくれてましたw
お昼だけでいつもの1日分のアクセスが...
ていうか、研究機関か企業のホストしか見に来てないってどうなんでしょうか( ̄□ ̄;;

やっぱり日本人としてはソニーに頑張って欲しいのかな...
検索ワードが皆ConnectPlayerだったですw

テクノラティ経由で思い出したけど、昼休み終了後から、ソニーヨイショが発生中。
ハードウェアはそんなに悪くないと思うウォークマンだけど、パッケージ全体としてはそんな褒めれるようなものじゃないでしょ。


他にやる事ないんか...>ゲートキーパーズ

とにかく、怪しい動きをしている社員さんにキツく言っておいて下さい>GateKeeper13.Sony.CO.JP


追記

言うのずっと忘れてたけど、
米国SONY BMG発売商品における対応に関するお知らせ

米国SONY BMGが発売をしている「XCP」コンテンツ保護ソフトウェアを収録するCDに関しまして、収録されている「XCP」ソフトウェアに起因するPC上でのセキュリティ上の懸念が指摘されています。
このソフトウェアは、米国SONY BMGとは別会社のFirst4Internetが支給しているものです。


そのFirst4Internetのソフトを採用したのはソニーです
責任を思いきり擦り付けてますね。採用しておいて。
どうみても逆切れです。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://supergripen.blog35.fc2.com/tb.php/31-89b355da

米国SONY BMG発売商品における対応に関するお知らせ

米国SONY BMG発売商品における対応に関するお知らせ全文転載します。 米国SONY BMG発売商品における対応に関するお知らせ 2005年12月12日株式会社ソニー・ミュージックジャパンイン
  • [2005/12/13 20:59]
  • URL |
  • Cottonwoodhill 別別館 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。