スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そしてニューヨーク州(ソニーrootkit) 

ニューヨーク州司法省も動いていたんですね。

ソニーがXCPの回収発表後、顧客を装った調査員を派遣して小売店での対応状況を調査していたそうです。
テキサス州政府もやってましたね。
オレゴン州政府の調査もこれかな?

調査対象は「ウォルマート」「ベスト・バイ」「サム・グッディー」「サーキット・シティ」「FYE」「ヴァージン・メガ・ストア」という事です。
日本で言うと、TSUTAYAとかタワーレコード相当ですね。
まぁ大手ばかり揃ってます。

で、まずい事に
回収発表後も相変わらずrootkit入りCDが継続して販売されてたようで。

ニューヨーク州司法省として、CDを購入しないように警告が出たようです。
警告まで出しているという事は、他と一緒で訴訟も視野に入れてるかな?

刑事告訴:テキサス州政府
訴訟準備:マサチューセッツ州政府 イタリア政府
調査開始:オレゴン州政府 ニューヨーク州政府

It's a SONYじゃなくて、It's a SORRY?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://supergripen.blog35.fc2.com/tb.php/32-789ff61c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。