スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新XCP削除ツールも盗用でした(ソニーrootkit) 

SONY BMG、「XCP」削除ツールの新版を公開

というわけで、PCを外部にさらけ出し、悪質なハッカーの皆様にゾンビPCをもれなく提供していた必殺のXCP削除ツール公開停止から暫くたって、ようやく新しい削除ツールが公開されました。

が、良く見てください。

今回改めて配布を開始したXCPの削除ツールは、EXE形式もしくはZIP形式のファイルをダウンロードして利用するもの。rootkit的な働きをするXCPの一部コンポーネントを削除するオプションと、XCP本体と関連するファイルをすべて削除するオプションを用意している

ツール使ってもrootkit残ります
理由は簡単で、完全に復旧させるにはWindowsのファイルが必要だから。
アンインストールでは済まないレベルのシステム書き換えをソニーはやらかしているわけです
読んでも理解しにくいし、アンインストール不可と書かれていない同意書にユーザーを同意させてね。
MediaMaxはその同意書に同意しなくても勝手にインストールされますが、ソニーは放置しています。

で、もっとバカバカしい事が...
この新しい削除ツールですが、解析の結果以下のコードがあります。

001e9090 68 74 74 70 3a 2f 2f 77 77 77 2e 6d 70 33 64 65
この行は解析すると「http://www.mp3de」です。

001e90a0 76 2e 6f 72 67 2f 00 00 30 2e 39 30 00 00 00 00
よくわかりませんが、「v.org/..0.90....」だそうです。

001e90b0 4c 41 4d 45 33 2e 39 35 20 00 00 00 33 2e 39 35
そしてまたもや「LAME3.95 ...3.95」が含まれています。

001e90c0 00 00 00 00 33 2e 39 35 20 00 00 00 00 00 00 00
これもLAME関係なんでしょうね「....3.95 .......」

とりあえず、セキュリティホールがあるとセキュリティベンダからも警告されて公開停止したオープンソース盗用のrootkit削除ツールを新しいバージョンにして公開したはいいが、そのオープンソース盗用のrootkit削除ツールがオープンソース盗用してるってなんですか?>ソニー

そりゃぁ、地方紙とは言え、某新聞に「ソニーは持つ事が恥ずかしいブランドになりかねない」と書かれますよ

ドイツのBMG側と、ソニーBMGのCEOの扱いについて内紛中だそうで。
そういえば、その辺りだったかな?
BMGがドイツでCCCD発売して、リコール騒ぎになったの。

日経新聞の記事より(報道自体はワシントンポスト)
ソニーCEO、娯楽部門のトラブルに苦慮・WS紙報道

yahooファイナンスの掲示板見に行ったけど、なんでソニーの掲示板なのにマイクロソフトが攻撃されているのかw
相変わらずゲートキーパーさん大忙しですか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://supergripen.blog35.fc2.com/tb.php/42-e021c523

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。