スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キタコレII完全日本語版 

個人的にキタコレ!っていうのがありました。
サンロクマルはフェイスプレート自分でカスタムしてオサレ出来るわけですが、公式に売ってるのは個人的にいりません。不要です。イラネェ...


Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (905915) (MS05-054)
が今日公開されましたね。

概要 :このセキュリティ情報の対象となるユーザー : Microsoft Windows をご使用のお客様

脆弱性の影響 : リモートでコードが実行される

最大深刻度 : 緊急

推奨する対応策 : お客様はこの更新プログラムを直ちにインストールしてください。

という事ですが、ここの『このセキュリティ更新プログラムに関するよく寄せられる質問』というところを読んでみましょう。

Q.
この更新プログラムはそのほかのセキュリティ関連の変更を含みますか?

A.
はい。このセキュリティ情報の「脆弱性の詳細」の欄に記載されている変更および以前の Internet Explorer に関するセキュリティ情報で導入された変更のほかに、この累積的な更新プログラムは次の多層防御の改善点を導入します。

この累積的な更新プログラムは First4Internet XCPアンインストーラ ActiveX コントロール Kill Bit を設定します。ActiveX コントロールに関する詳細情報については、SONY BMG のWeb サイト をご覧ください。このコントロールの古いバージョンにはセキュリティの脆弱性が存在していることが判明しました。このコントロールをインストールしたお客様を保護するため、この更新プログラムを適用すると Internet Explorer で古いバージョンのコントロールが実行されなくなります。すでにサポートされていないこのコントロールの古いバージョンに Kill bit を設定することで、コントロールの実行を防ぎます。この Kill bit は、ActiveX コントロールの管理者の許可と共に設定されます。Kill bit に関する詳細情報は、マイクロソフト技術情報 240797 をご覧ください。この ActiveX コントロールのクラス識別子 (CLSIDs) は以下の通りです。


その脆弱性のある古いバージョンをインストールさせたソニーの尻拭いをマイクロソフトがやらされる...とw

なんだ、もうニュースなってた。
12月のMSアップデートはSONY BMGのDRMも駆除
マイクロソフト、ウイルス駆除ツールで「XCP」のrootkitに対応


サンロクマルの初期不良に関しては集団提訴以降ニュースないですのぅ...
まぁ、今回はマイクロソフトも勉強してたようで対応早いですからね、
訴訟大国アメリカでも集団訴訟自体に否定的な意見も多く、今回の提訴した男性に対しては賛否両論だそうで。ひょっとしたら訴訟自体に反対の意見の方が多数かも。
対応まず過ぎのソニーとは皆さんの反応エライ違いです。
無償対応してるのに補償しろって訴えてもナ~、どうなる事やら。


まぁ、そんな話はさておき、キタコレII完全日本語版ですよ!
フジサキBlogさんのところのサンロクマルはこんな事に!

こういうの見ると何かやりたくなりますねぇ

殺風景な部屋なので、あんまりオサレにすると浮くんよね~。
...黒くするか...思い切り腹黒くナ...ケケケ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://supergripen.blog35.fc2.com/tb.php/55-adcc320e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。