スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるま 

ウチのHNはスウェーデンの戦闘機からとっています。
まぁ、戦闘機好きなんですけれども、元々はモータースポーツが好きです。


初めて見たのは、87年のF1オーストリアGPです。
最初にドネリーがあじゃぱーして、再スタートしたら今度はマンセルがフォォォォ!して後続車が次々とひでぶしていったあのレースですな。
スタートしたばかりのホームストレートであんだけクラッシュしてどうするんだという話ですが、犯人はマンセルですからしょうがないよね?

そこからモータースポーツにはまって、89年にはインディ500の生中継を見始めました。
レース開始わずか4周でケビン・コーガンのマシンが粉々になるクラッシュが起きたりした年ですねぇ。
残骸の中からのそのそと這い出てくる様は、冬眠から覚めた蛙のようでした...
ていうか、何で生きてるんだ?あの人...

中学生になったくらいでしたかのう...
BS見たいとかねてから親に言いまくっていたのもあったのか、BSアンテナがつきまして、NHKBS2を見まくっていました。
あの頃は、NHKがCART(当時はまだ分裂前で、インディ・カー・シリーズでした)やNASCAR、WRCにスタジアムオフロードレースを放送してくれてました。そういえば、パイクスピークのオートヒルクライムも放送してましたねぇ。

この頃からですが、地上波でも毎年欠かさずに見るようになったのがル・マン24時間耐久レースです。

WSPCやヨーロピアンエンデュランスシリーズに組み込まれたりもしましたが、基本的には“チャンピオンシップ”から独立したレースとして開催される事が多いです。
レース運営も、2000人のボランティアによって支えられ、FIAのレースとは一線を画する車...それはオールアルミ製のスパイカーや、木製スポーツカーのモーガンといった車...とにかく参加したいというチームがうじゃうじゃとあって、「最も偉大な草レース」と言われてますよね。

ちなみに、F1のモナコGP、IRLのインディ500、ル・マン24時間耐久の事を「3大モータースポーツ」と言います。
で、デイトナ24h、ニュルブルクリンク24h、ル・マン24hでは「3大耐久レース」と言われます。テストに出るよ?(何の?)

25日の日記に出てきた、メルセデスのCLK-GTRとか、スパイカーのC8なんかは、このル・マン24時間耐久レースを走っていた車です。


さて、モータースポーツなだけに、どうしても事故と言うものは起きます。
耐久レースに関して言えば、GTというクラスが強かった1998年~2000年は印象に残る年でした。

発端は1998年のロードアトランタですが、ポルシェ911GT1が上り坂のてっぺんで宙に舞い上がりクラッシュ。コースを横切り、コンクリートウォールに激突する事故です。

翌年のル・マン24時間耐久レースは、日本でも生中継の最中発生したので、記憶に残っている人も多いんじゃないでしょうか?
3番手、日本人トリオのトヨタの後ろにつけてたメルセデスCLRが緩やかな丘で宙に舞い上がり、縦にくるくると回りながらコースを外れ、ミュルサンヌの森の中へ消えていきました。
運転していた全日本F3出身のドライバーは軽症でしたけど、あまりの事故に現場がパニック状態になり、数時間情報が錯綜する事態になってました。(暫くはドライバーの生死すら不明でした)

実は、メルセデスCLRは予選と決勝当日のウォームアップでも同じ丘のところで同様のクラッシュを起こしています。
ウォームアップの事故はここが詳しいです。

フランス政府がダイムラー・クライスラーに事故原因の報告を求めた程の事態に発展してましたな。

続きがあって、2000年ロードアトランタ。
98年にポルシェが宙に舞い上がったところと同じ坂で、今度はBMWのプロトタイプが宙に舞い上がり、クラッシュしてます。

何れも、前走車に近付いた所での出来事なので、タービュランスにまきこまれたのでしょうが...あんまり坂上ってそのまま離陸するレーシングカーはいかがな物かと。

そういえば、ニッサンのグループCは単独で宙に舞い上がってたな...

最近そういう事故起きてないからいいけどさw
生で見てるときに起きると、心臓に悪いのでマシン設計者はホント注意して頂きたい!←ようはそれがいいたい。

ちなみに、ル・マン24時間耐久レースは、サルテ・市街地サーキットで行われます。
特徴的なこのコース、テルトル・ルージュまではブガッティサーキットを利用しますが、そこからは一般道へ入っていきます。
13kmのコースの大部分は一般道なわけですね。
ダンロップ・ブリッジやユーノディエール、ミュルサンヌにポルシェ・コーナーという名前を知っている人もいるのでは?

実は今年、日本のランボルギーニのオーナークラブが、ワークス支援を受けて参戦するそうです。
【楽しみ】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://supergripen.blog35.fc2.com/tb.php/90-78f81d58

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。